階段下にトイレ

Read full article | コメントは受け付けていません。

階段を設けると階段の下にはデッドスペースが生まれてしまいます。このデッドスペースをどのように活用させるかが家造りのポイントの一つでもあるのです。階段をどこに設けて、どのような形状の階段にするかでデッドスペースの形状も変わってくるため適した活用法も違ってきます。

我が家は、廻り階段の下に生まれたデッドスペースを利用してトイレを設けました。便器を設置している一部分の天井が、通常の天井の高さに比べると低く階段下ということで特殊な形状をしています。しかし、用を足すには全く問題ありませんし、一部分の天井が低くても狭さや圧迫感を感じません。狭さや圧迫感を感じにくくするために、窓から明るさをしっかりと採りこみ、クロスやクッションフロアの色味やデザインを明るく爽やかさを感じられるものを選びました。これで狭さや圧迫感を感じることなく、利用しやすいトイレ空間が広がっているのです。

そして、階段の上り初めから途中までの階段下はトイレの収納スペースとして利用しています。トイレ収納としてはしっかりとスペースを確保することができたので、トイレットペーパーやサニタリー用品、掃除道具などトイレ内で必要な物がきちんと収めることができています。トイレットペーパーを特売日に買い込んでもすっぽりと収められるため大変重宝しているのです。

今までは階段下というと収納庫として利用することが多かったですが、最近では同じ収納スペースを設ける場合では、オープン棚にして見せる収納にしたり、階段下にカウンターを設けてパソコンスペースやスタディーコーナーとして利用するなど居住スペースの一部として活用させる家庭も多いです。デッドスペースの形状や広さに合わせて最適な活用法を取り入れたいものです。

おもちゃの収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

部屋のインテリアとして飾る
現役のおもちゃは、オープン棚に並べます。小さいおもちゃは引き出しに入れますが、大き目のおもちゃは目に見えるところに出しておきます。そうすると、おもちゃが探しやすく片付けやすくなります。スペースに限りがあるので、おもちゃが無駄に増えません。さらにブロックや積み木でつくった作品はディスプレイになります。

おしゃれなバケツ
タブトラッグスという、リサイクル素材でできたやわらかいゴム製のバケツがあります。赤ちゃんでも簡単に倒せて、好きなおもちゃを見つけられるし、片付けも入れるだけで簡単です。使わなくなったら、掃除、洗濯、アウトドアなど様々に利用できます。

扉付き収納に隠す
クレヨン、らくがきちょう、はさみ、おりがみ、粘土、シールなどのおえかきや工作のグッズは、大人のものも収納している扉つきの棚に入れます。扉があるので、子供が入れて、中身がぐちゃぐちゃしていても見えないし、整理整頓の練習にもなります。

ラタンにザックリ収納
お気に入りのラタンのボックスに入れています。乳児がいる場合など、ぐずった時や遊ぶ時、外から見えていた方がさっと取り出せて便利です。おもちゃだけでなく、皮膚用塗り薬やハンドタオルなども入れています。

カラーボックスと箱
カラーボックスに箱を引き出しがわりに入れて、おもちゃ棚にします。分類は、ままごと、うごくもの(車など)、ぬいぐるみなどと、子供でも分かるように、ざっくり分けます。入りきらないおもちゃは持たないように、子供と約束します。箱はインテリアに合わせて色を選べば、うるさい感じがしません。

小上がりの和室

Read full article | コメントは受け付けていません。

最近ではリビング延長型の和室が多いです。建具を設けていても、普段は開けっ放しにしてリビングとの一体感を大事にした和室が求められます。そこでこの和室に高さを設けて小上がりにしてみてはいかがでしょうか。

高さを設けることで洋風LDKと畳の和室が隣接しても互いの空間に違和感を与えません。建具で仕切らなくても空間のメリハリが生まれ、空間の繋がりとメリハリを両方大事にした形とも言えるのです。住宅においてもバリアフリー化が求められていますが、和室を小上がりにすることで足腰の弱っている高齢者にとっても居心地のいい和室となるのです。

足腰が弱ってくると一度畳に座り込んでしまうと立ち上がる際に体に負担がかかってしまうのです。しかし、小上がりにすることで座った後も、ゴロンと横になっていても和室に高さがあることで立ち上がりの動作がスムーズに行え、体に負担がかかりにくくなるのです。実際に我が家の和室が小上がりなのですが、両親がこの和室をとても気に入っています。

畳下に生まれたデッドスペースを利用して引き出し収納を設けて収納力をアップさせることもできます。和室で利用する座布団や子どものお昼寝用グッツ、おもちゃや日用雑貨など大きさのある物から小物までしっかりと収納できるのです。和室にカウンターを設け、カウンターの下には掘りコタツのように足元部分を掘り込むことでカウンターを長時間利用しても負担がかからず、足をゆったりと延ばして作業もしやすくなるのです。小上がりの和室には魅力がたくさんあるのです。

ママのプライベート空間

Read full article | コメントは受け付けていません。

家事や育児に毎日慌ただしく過ごすママにとって、自分だけのプライベート空間があると住まいの居心地の良さが高まります。家事や育児に加え外で仕事をしているママも多く、なかなか自分の時間の確保が難しいことと思いますが、自分だけの居場所を設けて住まいの居心地の良さを高めてはいかがでしょうか。

例えば、寝室にママのプライベート空間を設けておきます。子どもが小さい家庭では、寝室で家族みんなで寝る時期もあると思います。子ども達が寝た後、このプライベート空間でお肌のナイトケアを行ったり、パソコンを見たり自分の時間を満喫するのです。寝室で休む子ども達の様子を確認しながらも自分の時間を過ごすことができる空間が広がります。個室で過ごしているかのような気分が味わえるように、寝室とママスペースの境には互いの視線が緩やかにカットできる程よい高さを壁を設けておくといいでしょう。

そして、この壁を利用して壁面収納を設けておけば、お化粧道具やパソコン関連用品、アクセサリーなどの小物を収納するスペースとしても活躍します。このような収納があることで広さに限りのあるママスペースもスッキリと居心地のいい空間が広がるのです。キッチンの横にママスペースを設ける家庭も多いです。

キッチンからより近い場所に設けることで、家事の合間のちょっとした時間でも有効的に利用できます。また、リビングで過ごす子ども達の様子を把握しながら自分の時間を過ごすことができるのも嬉しい点です。コーヒーを飲んでパソコンを眺めたり、家計簿をつけたり、裁縫をしたりとデスクワークしやすい空間があるといいものです。ママがホッと落ち着け、作業がしやすいスペースを設けておくといいと思います。

ウォークインリビング収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りにおいて収納を重視する家庭は多いですが、意外と見落とされがちなのがリビング収納です。リビングでは、家族が長時間共に過ごし、いろいろなことをして過ごすため物も集まってきやすいのです。物で溢れかえったリビングは、快適性を欠き居心地の良さを低減させてしまうだけに、リビングこそ収納力を高めておく必要があるのです。

我が家は、テレビボードの後ろの壁を、ストーン調のデザインタイル壁を使用しインテリア性を重視しました。立体感のあるタイル壁は、クロスとは違って気品や重厚感を与えてくれます。このデザイン壁の後ろ側にウォークイン型のリビング収納を設けました。出入りする部分にはあえて建具を設けませんでした。扉を開け閉めするワンアクションを省くだけでも物を効率よく出し入れしやすくなります。

デザイン壁の裏側に棚を造り付け、棚の高さは収納するものに合わせて自由に変えられるようになっています。リビングからは見えない収納スペースなので、目に触れると生活感を感じさせる日用品や掃除機などの電化製品などスッポリと収められています。リビングに散らかりやすい子ども達のおもちゃや絵本、説明書や学校からの書類などこれらもきちんと棚に整理することができています。

幼稚園グッツやランドセルなどもロッカー感覚で収納できるため、子ども達が帰宅すると自分でまずカバンや帽子を片付ける習慣が身に付きました。一部分はポールを設け上着を一時置きできるコートクロークを設けています。リビングに散らかりがちなものやリビングに必要なものをしっかりと収納できるスペースがあるとリビングの快適性は高まるのです。

造り付けカップボード

Read full article | コメントは受け付けていません。

キッチンに欠かすことのできない家具はカップボードです。我が家はこのカップボードをキッチンのスペースに合わせて造りつけました。キッチンには収納しておきたいものが多いだけに収納力を重視しました。扉三枚分ある横幅と天井近くにまで広がる高さがあり、キッチンで必要なものやゴミ箱までしっかり収められています。物がスッキリと片付くことで、キッチンの床に物が溢れることなく、キッチンが快適で調理の効率も高まっています。

まず扉一枚分はキッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子やジューズなど食材はもちろんキッチン雑貨もきちんと整理できています。30㌔のお米袋もスッポリと収まり便利です。その隣の一面には食器類を収納しています。普段使いするお皿はもちろんお客様用のお皿やお弁当箱にタッパーなどまできちんとここに収められています。

そしてその隣の扉一面にはキッチン家電やゴミ箱を収めています。炊飯器や電子レンジなど日々使用する家電は手の届きやすい高さに設置し、ホットプレートやたこ焼き器、ミキサーなど使用頻度や大きさに合わせて上段や下段を利用しています。キッチンで必要なものが全てこのカップボード内に収められていることで、必要な物の出し入れがしやすく家事の効率も高まっています。

すりガラスの扉が設けられており、調理する時は扉を全て開け放ち、キッチンを使用しない時や来客時は扉を全て閉めれば生活感を感じさせないスタイリッシュなキッチンとなるのです。我が家の自慢のカップボードとなっています。

回遊型の洗面室

Read full article | コメントは受け付けていません。

洗面室は家族が一日何度も使用する場所です。手洗いや歯磨き、お化粧やヘアセット、入浴の前後や家事を行ったりといろいろな用途で使用される洗面室は、間取りを決める際にも頭を悩ませます。洗面室は、生活動線にも家事動線にも配慮しなければなりません。私の親戚宅の洗面室は回遊型の洗面室を設けていました。

行き止まりのない回遊型は住宅内の動きをよりスムーズに、且つコンパクトに行うことができるのです。回遊型の動線は、生活動線にも家事動線にも配慮されており、家族みんなにとって使いやすい洗面室となっていました。玄関から洗面室に行き来ができるようにしておくことで、帰宅してすぐに手洗いを行う習慣が身に付きやすくなります。外で汚れて帰宅しても洗面室でキレイにして、後はその先に広がるリビングでゆっくりと寛げます。

しかし玄関からの動線だけだと、家事動線で一番重要なキッチンと洗面室の動線が長くなってしまいます。キッチンからリビングを通り、廊下を通り洗面室へ行く動線では、動線が長く家事効率も下がってしまいます。そこでキッチンから洗面室へ動線短く行き来ができるように、キッチン側にも洗面室の動線を確保するのです。これなら動線は短いですし、住宅内の動きをコンパクトに行えるのです。

使用頻度の高い洗面室だからこそ動線をスムーズにしておきたいものです。動線を確保するということは通路分を確保しなければならず、収納スペースを確保しにくいというデメリットもあります。そのためには洗面室の広さには余裕を持たせておいた方がいいのです。洗面室をより使い勝手のいい空間にするには動線にまず注目するべきなのかもしれません。

二階ホールに本棚

Read full article | コメントは受け付けていません。

先日、新築住宅が完成した友人宅へ遊びに行きました。その友人宅には、友人達夫婦らしい空間が一つありました。それは階段を上がった先のホール部分を活用し、読書コーナーが設けられていたのです。二階ホールの壁一面には天井にまで広がる本棚が設けられていました。夫婦共通の趣味である読書を満喫できるスペースを設けたことで、二階で過ごす時間が非常に増えたと言います。天井にまで広がる本棚には大容量にある本をきちんと整理して収納しておくことができます。

廊下部分にはマガジンラックのニッチが設けられており、子ども用の絵本が飾っているかのように並べられていました。友人夫婦の家造りのポイントの一つに、大量にある本をどこにどのように整理するかが挙げられたのです。一か所できちんと本を整理することで、読書をより楽しむことができます。

そしてこの本棚の前にはテーブルが置かれており、読書を楽しむスペースも設けられていました。親子で本を読んだり、夫婦で読書をすることもできるのです。趣味を家族みんなで楽しめる空間を設けたことで二階で過ごす時間が、ただ寝る時だけではなくなったのです。階段を上がった先のホールはただの通路でしかない部分なのですが、ここを有効活用させ趣味を楽しめる空間にしたのはいいアイデアだなと思いました。ワンランク上の暮らしを送るには二階でスペースを有効利用させるのがポイントなのかもしれません。

シューズクローク

Read full article | コメントは受け付けていません。

玄関の横に今では欠かせない存在となっているのがシューズクロークです。シューズクロークと言っても靴や傘をしまうだけの空間ではなく、玄関周りの物がしっかりと収納できる広さに余裕のある収納スペースにする家庭が多いです。玄関をキレイにスッキリとした空間にするにはシューズクロークの鍵を握るのです。

我が家の新居にも玄関横にシューズクロークを設けました。可動オープン棚には家族の靴が一面に並べられています。どこにどの靴があるかが一目で分かるため、靴選びがしやすくなりましたし、靴の出し入れもスムーズです。子ども達の靴は下段部分に並べ自分達で出し入れできるようにしました。ブーツや長靴などの高さのある靴も、可動棚で自由に棚の高さをアレンジできるのできれいに収納できています。

玄関に置きっぱなしになりがちな、子どもの三輪車やベビーカー、スポーツ用品に旦那さんのゴルフ用品などこのシューズクロークの土間収納部分にしっかりと収納できるようにしています。そのため玄関部分やポーチ部分に物が散らかることが減りました。

収納力に配慮するのと同時に、シューズクロークから室内へのスムーズな動線を確保しました。シューズクロークで物を片付け、そのままその先に広がる室内へスムーズに出入りできればより便利さが高まります。またここに屋外で使用する物だけでなく、室内で使用する物を収納しておくこともできるのです。玄関は第一印象を決めるのに重要な空間となるだけにスッキリときれいでおしゃれな空間を保てるようにしましょう。

子育てしやすい家

Read full article | コメントは受け付けていません。

私は家事や育児に追われる専業主婦です。家事や育児は簡単なような休みがないものだけに一日がアッと言う間に過ぎてしまいます。自分の時間をゆっくり過ごすというのは夢のような話です。そんな我が家もついに夢のマイホームを購入することになりました。夢のマイホームでは家事や育児に追われて一日が過ぎてしまうのではなく、自分の時間を少しでも楽しめるようにしたいと思いました。

そこで家造りは子育てのしやすい家という点に注目して進めてきました。子育てがしやすい家にすることで必然的に家事も行いやすい家になるのです。家事の中心はキッチンです。主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごすという人も多いと思います。この家事の要となるキッチンからダイニング、リビング、そして和室にまで目が行き届くようにすることで、キッチンで家事をしながらリビングで食事をしている子どもの様子を確認できたり、リビングで遊ぶ子どもや和室で昼寝をする子どもの様子をきちんと把握できるのです。

子どもにきちんと目が行き届くことで親ももちろん安心できるのですが、子どもにとっても安心感を高められるのです。家事の手を止めることなく子どもに目が行き届き、しっかりとコミュニケーションを取ることもできるので家事を楽しみながら行えるのです。

我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。リビングの延長としてアウトドアリビングを楽しむことができるだけでなく、ここに屋外用の洗濯物干し場を設けました。洗濯物を干しながらリビングで遊ぶ子どもの様子を確認できるので安心して家事と育児の両立が行えます。効率良く家事を行えることで子どもと過ごす時間を増やすことができたり、自分の時間を過ごせるようになるのです。